pengevil.com

沖縄県民の健康の秘訣、豚肉料理ラフテー

沖縄県民の健康の秘訣、豚肉料理ラフテー 長寿県と言われる沖縄県。その秘訣は豚肉にあるようです。豚の鳴き声以外は全部食べる、と言われるほど沖縄の方は豚肉が好きだと言われていますが、沖縄では昔から豚肉を毎日食べていたと言われています。豚肉には脳卒中を防ぐ効果や、免疫を高める効果があります。さらに、豚肉に含まれるコラーゲンは肌をつやつやで、健康的に保ちます。そのような健康と美容に貢献する豚肉料理の一つに、ラフテーという沖縄料理があります。

ラフテーは、豚の角煮の一種です。他の角煮との大きな違いは二つ、一つは沖縄のお酒、泡盛で煮込むこと、もう一つは皮付きの三枚肉を使うことです。豚の皮付き肉は日本ではほぼ売られていませんが、沖縄県では手に入ります。作り方は、豚肉を塊のまま下茹でしたあと、湯で洗い、切り分けてから、泡盛、醤油、砂糖で煮込みます。味をしっかり染み込ませるために2〜3日煮込むこともあるそうです。箸で切れるほど柔らかく、甘辛くて、濃い味付けです。

元々は中国から伝わってきた豚肉料理らしく、琉球王朝時代からの保存食でした。宮廷料理としても出されていたそうです。名称は中国語に由来していて漢字で書く事もできますが、沖縄方言のラフテーという呼び方が一般的です。